重い心臓病と闘病中の「さやさん」 Life Information

Life Information Top > スポンサー広告 > 重い心臓病と闘病中の「さやさん」Life Information Top > 『日常の出来事』 > 重い心臓病と闘病中の「さやさん」

プロフィール

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告

重い心臓病と闘病中の「さやさん」

saya2.png

2月8日、バイト先に向かうためにすすきので歩いていたら
「ご協力お願いします」
と声がかかり、何かのビラを配っていた。

昔は何でもかんでも貰っていたけど、歳を重ねるにつれ(今でも若いけど)
広告ばっかりで、そういうのは受け取らなくなったんだけど
その日はなぜか受け取ってしまった。

どうせ、どっか開店しましたみたいな広告でまたゴミになるんだろうなー。

なんて思ってて、とりあえずカバンにしまい込み、バイト先の休憩室で
さっきのもらった紙なんだったんだろう、って思ってかばんをあけて見てみたんですよね。


そしたら、全然思っていたものと違って、びっくり。
人がこう必死に配っているのに、自分のアホさに嫌気が差しました。



内容はこういうもの。

「さやちゃんの心臓移植のために募金にご協力お願いします!」

どうやら、H19年頃に中学のソフトテニスの活動終了後に倒れて
心停止状態で、一時的に回復してもまた同じ症状になり
どのような治療でも対処できず、人工器をつけ、
そのときにわかったのが「劇症型ウィルス性心筋炎」
という病気らしかった。症状は悪くなる一方で、
リハビリを続けていたが、それでも補助人工心臓を
外すことができず、ほかの臓器にも負担がかかり
このままだと余命半年と医者に宣言されたというものでした。

早急に心臓移植が必要ということですが

さやさんは14歳ですので、日本では15歳未満の子供からは
臓器移植は認められていないので、海外移植する決断をし、
幸いにもアメリカのコロンビア大学で受け入れが決まったことという。

しかし、日本医療保険制度は適用されず、だいたい向こうに
行く金額、滞在、手術費用で1億3千万円かかるということで

善意の募金にすがるすべしかないということの内容でした。

そのとき、思ったことがもし
自分の妹が同じことになったらって考えちゃったんですよね。
きっと、必死なまでに募金にすがり、バイトを欠かさずやると思うんですよ。



自分は今あまりお金はないですが、少しながらでも力になろうと
わずかながら、先ほど口座に振り込まさせていただきました。


もし、この記事を読んでなにか知りたい・協力したいという人がいたら、お金を振り込めまでとか
そこまでいわないので、とりあえず
さやちゃんを救う会
をご覧になってくれれば、幸いです。

ゆうちょ銀行 02730-4-46032
北洋銀行 札幌営業部 普通 3135649
三菱東京UFJ 札幌支店 普通 3364999
七十七銀行   卸町支店 普通 5761719

上記の銀行で振り込むことができます。
関連記事

*スポンサード リンク*
*スポンサード リンク

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


カウンター

スポンサード リンク

RSSリンクの表示

リンク

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。