動画が重い!カクツク!音ズレが起こる!という人のための記事 Life Information

Life Information Top > スポンサー広告 > 動画が重い!カクツク!音ズレが起こる!という人のための記事Life Information Top > 『ソフトウェア』 > 動画が重い!カクツク!音ズレが起こる!という人のための記事

プロフィール

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告

動画が重い!カクツク!音ズレが起こる!という人のための記事

2011-01-31_18-19-15.jpg

動画が重い!かくつく!音ズレ!
などが起こる人のためにちょっと色々考えてみました。

実は、音ズレに関しては最近まで自分も非常に悩んでいたのですよね。。。
僕の場合スペック的には問題ないけどでも、動かない、そんな状況でした。


自分のスペックは問題ない!と思う方へ。
下記のGPU説明のところと、コーディックのところを参照してください。
特に、コーディックの部分を確認お願いします。こちらで改善される場合が高いです。
(x264の古いスプリッターの場合、不具合が生じることがあるので
こちらのコーディック導入で動画再生確認してみてください。(CCCP))
--------------------------------------------------------



まず何の動画を再生しているか。
今時の解像度が高い高画質HD動画などやBD(ブルーレイ)
などでしたら、まずスペックを見ます。


CPU

Intel Boxed Core i3 i3-540 3.06GHz 4M LGA1156 BX80616I3540
インテル (2010-01-12)
売り上げランキング: 42821

(初心者のPCパーツ換装はお勧めしません。また、今回の記事はパーツやパソコン購入を勧めているわけではなく、以下に低コスト、無コストでHD動画を再生できるかも考慮しています。)


HD動画再生を考えると、CPUはC2D(core2duo)以前のものだと
場合にもよりますが結構きつい思います。(特にH264圧縮)
といっても、自分は初期のデュアルコア環境PenD(PentiumD805)の環境でも
構成によっては再生できちゃいましたが。。。
一応、GPU(グラフィックカード)が動画再生支援機能搭載していると、シングルコアPen4(pentium4)2.8Cでも
こちらのHD動画が快適再生したという報告がなされています。

メタルギアソリッド4
(リンク先は、mp4ヴァージョンのほうがHD動画仕様となっております。
こちらが問題なく再生できれば、そこそこ行けるのではないかと思います。)

とりあえずシングルコアCPUだときつい、がGPU(グラフィックカード)が動画再生支援機能
が搭載されていると、問題なく再生できる可能性があるということですね。

まぁ動画再生支援機能が、ハードウェア(グラフィックカード)とソフトウェア(再生ソフト)も対応していないといけいない
という点もあったりで、こちらは後に記述します。


ちなみに今の僕のCPUはQ6600で、定格より下め(2.4→2.3Ghz)の動作で利用しています。
あまり変わらないけど。



GPU(グラフィックカード)


HD動画再生するのに不可欠な物。PCで地デジ見るときにも便利。
最近のノートPCのオンボードにも当たり前のように対応しているので、最近のものを購入したなら
問題ないと思います。
また、古いGPUでは動画再生支援機能が未対応なものもあります。
その場合は、HD動画やh264動画再生時にCPU負荷がかかってしまいます。(このせいで動画がガクガクといったことも)
ちなみに、上の商品は、AGP形式でHD 3450とちょっと古いカードですが
安い値段で動画再生支援機能に対応しているため、値段の割にはお得です。古いデスクPCを
使い回すといった点で人気の商品です。
(こちらの商品は補助電源が必要です。ある程度電源を確保していないといけません)

またハードウェア側(グラフィックカード)が「動画再生支援機能」に対応していても、
ソフトウェア側(再生ソフトウェア)が対応していないと動画再生支援機能は動きません。

winodws xpのWMP(メディアプレイヤー)だと、未対応です。vista、7のWMPは対応しているので、動作します。
XPの場合は、自分で再生用のPower DVDなどを購入しないといけないです。
一応無料のMPC、GOMプレイヤーで動画再生支援機能を使う、といったことができますが、PowerDVDのフィルターを抽出して利用しているやり方に過ぎないので、ちょっとグレーなのグーグルでご自分で検索してください。


動画再生支援機能無しと有りの比較

①無し

sien1.png

②有り

sien2.png

以上のように、全く同じ動画でも、支援機能が働く働かないでCPU負荷が違う、というのがわかりますね。
(といっても、ある程度スペックがあれば支援機能無しでもHDやh264圧縮動画鑑賞は余裕にできてしまう
といった感じです。)

メモリ
OS問わず2GBあったらまず動作すると思います。


コーディック

まずこちらを導入してください。CCCP
古いスプリッターだと、音ズレや動画が重いことがあるので、こちらの導入を勧めます。
(どうやらx264の仕様に変更があったため、古いスプリッターだと不具合が生じるようです)
↑自分もこれが原因で、支援機能が例え働いていても音ズレなど起こっていました。
負荷もかなり高かったですが、新しいこれに切り替えてから収まりました。
こちらを導入したら支援機能無しでも普通にスムース再生できるってわかってしまいましたが。。。



関連記事

*スポンサード リンク*
*スポンサード リンク

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


カウンター

スポンサード リンク

RSSリンクの表示

リンク

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。